外装工事が完了しました。

こんにちは。桜教室の井田です。

 

10月から外装の工事を行っていましたがついに完了しました。

大通り沿いから見るとほとんど変わりないですが、南側からみると雰囲気がガラリと変わりました!

 

 

ウォシュレット。!

こんんちは。桜教室の井田です。

 

ついに!桜教室にウォシュレットが設置されました。

便座も暖かくなるため今後はあのヒエッとした感じがなくて済みそうです。

講師研修会を行いました

こんにちは。桜教室の井田です。

 

27日・28日と進光ゼミナール全教室の講師に集まっていただき、講師研修会を行いました。

そのなかで生徒たちへの対応方法や模擬授業などを行ったのですが、

各先生方がどうすれば生徒たちにわかりやすく伝わるか、こういう質問が来たらどう返すとわかりやすいかなど

新人・ベテラン問わずいろいろな意見を出しているのを見て

改めて講師の方々がとても真剣に生徒に向き合っているのを感じました。

 

テストの解き直しをしましょう

こんにちは。桜教室の井田です。

 

陽西中や一条中、城山中などは中間テストの結果が返ってきたら塾に持ってきましょう。

 

テストの解き直しをします。

間違えたところは自分がどう考えて間違えたのか確認していきましょう。

10/11~10/13は秋休みとなります。

こんにちは。桜教室の井田です。

 

来週の11日(月)~13日(水)は秋休みとなり休塾になります。

 

1学期の通知表を持ってきてください。

 

10/2(土)は英検です

桜教室井田です。

 

10/2(土)英検定を行います。

指定の時間に遅れないように来て下さい。

8/11~8/18は休塾となります。

 

8月11日㈬から8月18日㈬はお盆休みとなります。

 

お盆休みの宿題を出しています。

忘れないようにしましょう。

 

自習スペースが増えました。

こんにちは。桜教室井田です。

 

先週から教室内の机の変更・配置換えを行いました。

今までより席数は8席増えました。

 

自習するスペースが増えたのでテスト前等ぜひ活用ください。

大学共通テスト 英語民間試験と記述式導入断念へ

こんにちは。桜教室の井田です。

先日こんな記事がありました。

大学共通テスト 英語民間試験と記述式導入断念

文部科学省の有識者会議は、2025年の大学入学共通テストにおける、英語民間試験の活用と記述式問題の導入について「実現は困難」とする提言案を示しました。文部科学省は、この夏にも導入の断念を正式に決定する方針とのこと。

英語の民間試験については、都市部に比べ、地方では試験や会場数が限られ、受験機会の面や移動に伴う経済負担の面で地域格差が課題となったほか、受験料が高額で、経済的に厳しい家庭の受験生への減額措置が試験団体に委ねられる中、経済格差が生じるといった指摘が相次ぎました。

記述式問題についても、50万人以上の答案を短期間で採点する中で、質の高い採点者を確保できるのかや、民間の採点事業者が業務で知り得た情報を漏えいしたり、受託自体を宣伝に利用したりしないかなど、公正、公平な採点における課題が指摘されました。

 

昨年からセンター試験が共通テストに変わりましたが結局英語の民間試験導入は見送られ今回断念という結果となりましたが

昨年大学受験をした生徒もTOEIC受けなきゃなどと慌てて受験した結果使わず。

何事も確定してから行ってほしいものです。

受験生本人はもちろんのこと家族や高校の先生方など皆さんが慌てたと思います。

やったほうがいい、やらないほうがいいなどいろんな意見があると思いますが、”とりあえずやる”のではなくきちんとシミュレーションや会議を行って万全の準備を整えてから行ってほしいですね。

 

 

テスト返却後は見直しを大切に

テスト終了後

「先生、今回の数学のテストはめっちゃできたと思う!」

 

テスト返却後

「いや。なんか思ってたのと違ったんだよな」

1問1問確認していくと符号のミスや問題の読み取り違いなどが。

前回のテストよりは上がったものの予想よりは低い結果となった。

 

 

 

こんにちは。桜教室の井田です。

 

中間テストも返されて塾でテスト直しを行っています。

結果が帰ってきたらもちろん間違い直しも重要ですが

どうしてこの時はこう書いたのだろう

どういう考え方でこの解き方になったのだろう。

 

単なる暗記問題だけでなく読み取り考え方を問われる問題も多くあるため

正しい読み取り方だけでなく

自分はこういう間違え方をするのか。など

自分を分析するようにしていきましょう。