「早割」受付中!

新中学1年生の「英語」は
めっちゃ難しくなります!

小学校と比べて、格段に難しくなる中学校の授業についていくためには、今の時期の事前準備がとっても大事。特に今年から新しい学習指導要領で実施となる「英語」は不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
進光ゼミナールの「新中学準備講座」は、2月から小学校で習った単元の総復習に取り組み、3月からは英語も数学も中学校の教科書範囲の学習をスタート。 不安の多いこの時期だからこそ、安心の個別指導で苦手を得意にして中学生のスタートを切ろう!

新中学準備講座受付中

進光ゼミナールの「新中学準備講座」で
英語も数学も得意にして中学校に入学しよう!

2/20(土)までのお申込みの場合、受講料は無料となります。
この機会に是非お問い合わせください!

これから中学生になる皆さんに知ってほしいこと この春から中学校の教科書内容が難しくなる!

小学校に続き、中学校でもこの春から学習指導要領が改訂され、新しい教科書での授業がスタートします。この新しい教科書、これまでと比べて学習内容が格段に増えているのです。
中学1年生の英語教科書は、【小学5年生から英語を学習してきたことが前提の内容】になっています。なので、6年生から英語授業が本格スタートした今年の新中学1年生にとっては、最初から1年分の知識のギャップが生まれているのです。また、中学3年間で学習する英単語数も1,200語程度から1,600~1,800語程度に大幅に増加します。
指導要領改訂の初年度は、内容が難しくなり、新たに覚えなくてはいけない事柄が大量に出てくるため、全ての教科で小学校とのギャップが大きくなりやすいのです。中学校での学習の基盤となる1年生での理解が不十分だと、その先の学習についていくのが相当難しくなってきます。 特に、日々の知識の積み重ねが大切な英語・数学は、一度つまずくと取り戻すのは大変です。この変化に対応するために、しっかりとした「準備」が必要なのです。

英語ポイントは単語力。単語を「読めて、書ける」ことが、中学英語を得意科目にする!
これからの英語は、「話す力」を重視するといわれています。しかし、英語を「話す」ことの前提には、英文のインプットが必須です。それには、単語が読めること、文になったときのリズムやイントネーションがしっかりと取れることです。また、単語や表現を覚えるために、聴き取る力や、筆記する力が必要です。それらをしっかりと身につけた上で、文法の知識を用いて表現力を磨いていくのです。中学英語を得意教科にするには、入学前に「英単語を読めて、書けて、使える」という基本姿勢を作っておくことがポイントです。
英語

数学中学数学の土台は「小学校の算数」。小学生の計算力と正負の数の理解が基礎力に!
中学校数学では、小数や分数を用いて式や解答を表す機会が非常に多くなります。しかし、多くの小学生が小数や分数の基本的な計算、また、それらを用いて数量を表すことや式を立てることを苦手としています。そして、「算数が苦手」という意識を持ったまま中学校に進学すると、数学の入口である「正負の数」を学習した際に「数学が嫌い」「数学がわからない」となってしまいます。「算数の計算を得意にして、中学の数学も得意にしたい!」そんなお子さまのための講座です。
数学


新中学準備講座受付中

進光ゼミナールの「新中学準備講座」で
英語も数学も得意にして中学校に入学しよう!

対象:新中1生(現小6生)
科目:英語・数学(先取り学習&総復習)
期間:全8回(2月8日~3月22日まで)
途中からの参加も問題ありません

  *2月27日までの入塾で受講料無料


お気軽に教室までお問い合わせください!
進光くん