とんでもない力作が出来てしまいました…

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

 

とんでもない力作が出来てしまいました…。

 

教室入口_

 

少しでも地域の皆さんに親しんでもらえるような教室にするにはどうしたらいいかと考え、今回、カフェの店頭にあるようなブラックボードの設置を江曽島教室でもスタートしました!

休み時間に、私がボードのメッセージの最後の仕上げをしていると、塾生のNさんやTさんが「私たちも背景に絵を描きたい!」と声を掛けてくれたので「じゃあ、もうすぐ次の授業が始まっちゃうから、そこまではしっかり勉強して、その後の休み時間に一緒に描こう!」と塾生の皆さんと一緒に作り上げました。

写真に写っているブラックボードは、全体の上半分だけを撮影したものです。

下半分に書かれたメッセージは…

 

 

ぜひ、教室に直接お越し頂き、ご覧くださいね!

 

 

当教室の 車・自転車 駐車場所は、『進光ゼミナール江曽島教室への行き方、車・自転車の駐車場所』をご覧下さいませ。

お越しの際は、進光ゼミナールのガレージ内と江曽島教室 前の敷地にお停め頂けます。

進光ゼミナールの建物の両隣は、別テナント様の敷地となっておりますので、駐車はご遠慮頂きますよう何卒、ご協力をお願いいたします。

「理科と社会って、結局 暗記でしょ?」

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

今日から8月になり、いよいよ夏本番といった感じで、日中の暑さも日に日に厳しくなって来てるように感じます。

どうか水分補給など、体調管理にお気を付けて、この真夏日をお過ごし頂ければと思います。

東京駅_ビル

最近「理科や社会は暗記科目だから、それらのかもくを塾授業のひとつとして受講して、意味あるんですか?」という声を耳にする機会がありました。

勿論、単元によっては、語句暗記などをしっかりされていることが前提となる問題も定期テストや高校入試では出題されます。

そこに加え、ここ1,2年で定期テストや高校入試で問題の文章が長くなっていたり、記述式の解答を要求される問題も増えています。

理科には、中学1,2年生の単元でもある地震や水蒸気量の計算問題などもあるので、解説してもらう方が、よりテスト本番にて自力で解く力がスムーズに付く場合も少なくありません。

中学3年生の塾生の方の中には「案外、水蒸気量の計算の仕方、忘れちゃってたわ!でも、先生に聞いたら、考え方を分かり易く紙にまとめてくれたから、改めて理解できたー!」と言ってくれる方もいました。

進光ゼミナール江曽島教室では、そうした “受講価値のある理科・社会 授業” という点も念頭に置いて、日々の教務に取り組ませてもらっています。

理科や社会でお困りの学生の皆さんも是非、進光ゼミナール江曽島教室の授業を是非、体感しにいらして下さいね。

 

現在、進光ゼミナール江曽島教室では、夏期講習を実施中です。

夏期講習スケジュールは、以下の通りです。

2022su

 

 

当教室の 車・自転車 駐車場所は、『進光ゼミナール江曽島教室への行き方、車・自転車の駐車場所』をご覧下さいませ。

お越しの際は、進光ゼミナールのガレージ内と江曽島教室 前の敷地にお停め頂けます。

進光ゼミナールの建物の両隣は、別テナント様の敷地となっておりますので、駐車はご遠慮頂きますよう何卒、ご協力をお願いいたします。

江曽島教室の夏の自習室

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

 

 

原画東京駅_地面

 

進光ゼミナールでは、先週から夏期講習が始まっています。

 

202207su

 

高校受験を控える塾生のKさんは、夏期講習が始まり、気持ちに変化があったのか、午前中に塾授業を受講してくれた後、夕方にまた「先生!自習しに来たんだけど、席空いてる~?」と嬉しい言葉をかけてくれたりもしていました。

 

中3塾生は8月末、進光ゼミナール江曽島教室で行われる今年度初めての下野模試を受験してもらう形になります。

私の教室では、今年の8,10,11,12月と来年の1,2月に開催される下野模試で、どのような偏差値 推移を辿り、志望校合格に漕ぎつける学習プランであるか、を受験を控える塾生の皆さんには1対1でお伝えをしています。

進光ゼミナール江曽島教室では、ご協力頂ける塾生の皆さんからは、今までの学校の成績やテスト点数情報を頂いており、日々ミスした問題の分析を個別で行っています。

今後の下野模試における1ヶ月ごとの偏差値目標を作成する際も、一人ひとりのこれまでの成績推移や習熟傾向に合わせて作らせて頂いています。

その為、塾生の皆さんからは、ありがたいことに「先生の作ってくれる目標は、『全ての塾生に一律で提示する目標じゃなく、僕でも手が届きそうな目標設定をしてくれたり、高い目標を達成しなきゃいけない月があっても、なぜその月にそんなに成績を上げなきゃいけないのか』を説明してくれるから、ゲームをしてる感覚で自分の偏差値 目標を追えて、楽しい」という声もかけてもらえました。

そうした塾生の皆さんの要望に応えてゆける教室運営を進光ゼミナール江曽島教室では、心掛けています。

 

進光ゼミナール江曽島教室の夏期講習スケジュールは、以下の通りです。

2022su

進光ゼミナール江曽島教室の夏期講習は、ありがたいことに大変ご好評を頂いており、お盆前の8月上旬までは、お席がほぼ満席の状態となっております。

そのため現在、塾生の皆さん一人一人に合う講師のパーソナライズを行った上で、講師数の増員も行っており、8月下旬には2022年7月25日 現在、若干のお席の空きをご用意している最中です(今後ご予約が埋まり次第、満席となる可能性がありますので、ご注意下さい)。

進光ゼミナール江曽島教室は、近隣にはあまりない「午前中も授業を受けられる夏期講習」ですので、今塾を探している方や夏期講習の受講を検討している方がいらっしゃましたら、お気軽にご連絡下さいね。

 

 

当教室の 車・自転車 駐車場所は、『進光ゼミナール江曽島教室への行き方、車・自転車の駐車場所』をご覧下さいませ。

お越しの際は、進光ゼミナールのガレージ内と江曽島教室 前の敷地にお停め頂けます。

進光ゼミナールの建物の両隣は、別テナント様の敷地となっておりますので、駐車はご遠慮頂きますよう何卒、ご協力をお願いいたします。

自由度の高い生活をしてみたい

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

 

先日、授業前の休み時間に、塾生のNくんが、おもむろに室長ブースの椅子に座って、私にこんな相談をしてくれました。

「入部したら思った以上に辛くて、部活を辞めたいと考えている。だけど、部員が不足しているせいで、辞めづらい雰囲気がある」。

私は「N君に、もしその部活のスポーツ自体を今後も続けたいなら、辛いと感じている今の時期は、もしかしたら次のレベルに上がる為の成長痛にあたる時期なのかも知れないね。N君は、そのスポーツが楽しいの?この後も続けたいと思う?」と聞くと、彼は首を横に振りました。

「なら、やりたいと思うことに全力を注いだ方が良い」と伝えましたが、N君は「辞めちゃダメな雰囲気が強くて、辞めれないですよどうせ」と返すばかりで、同じようなやりとりをする形で、約2ヶ月ほど相談に乗っていました。

 

すると先日、N君は教室に走って入って来るなり「辞められましたよ部活!!!!!」と報告しに来てくれました。

もちろん、部活を辞めることが良いこと、というわけではありませんが、彼は日頃から「理不尽な叱られ方をされてしまうことが多い」と話してくれていて、私も彼と話していて自己肯定感・他者信頼感の低さを強く感じていました。

そうした殻を破り、「自分の責任を全うすれば、自分が選びたい道を選択していいんだ」というマインドを持ってもらえる機会に触れて欲しいな、と私は考え、彼と接していました。

 

・「叱られて育った人は叱られ慣れているから打たれ強い。仕事で失敗しても立ち直れる」

・「ほめられて育った人は打たれ弱い。失敗すると立ち直れない」

という見解を世間ではよく耳にします。

ただ、レジリエンス研究で「ほめられて育った人の方が自己肯定感も他者信頼感も高いので、失敗から立ち直れる可能性も高い」ということが分かった、という話を先日 私は聞きました。

こうした日常のコミュニケーションの影響を子どもは受けやすいが故に、大人はそれを考えた上で、接することが大切であると感じました。

彼は、部活を辞めた後、「その時間を学習に回したい」と話してくれていて、夏休み明けから、今まで受講していた塾授業に加え、新たに2科目を受講してくれることになっています。

理由を聞くと「大学に行きたいから」と話してくれました。それまで、将来の夢を聞いても「ない」だとか「う~ん」といった返答が返って来ていましたが、今は「ちゃんと独り立ちできるだけの生活費を自分で稼げるようになって、一人で自由度の高い生活をしてみたい。大学を卒業した人とそうでない人だとお給料も全然違う場合があるって、塾で先生が言ってたから、大学に行きたい」と答えてくれています。

 

 

 

当教室の 車・自転車 駐車場所は、『進光ゼミナール江曽島教室への行き方、車・自転車の駐車場所』をご覧下さいませ。

お越しの際は、進光ゼミナールのガレージ内と江曽島教室 前の敷地にお停め頂けます。

進光ゼミナールの建物の両隣は、別テナント様の敷地となっておりますので、駐車はご遠慮頂きますよう何卒、ご協力をお願いいたします。

この夏、一緒に頑張ってくれる仲間を探しています!

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室の山城です。

2022sub

進光ゼミナール江曽島教室では、来週から夏期講習が始まります。

日程は、以下をご覧ください。

2022su

特に、今年度から中学1年生になられた生徒や保護者の方々から伺うお話は「夏前の中間テストが、こんなに難しいと思わなかった」というものが最も多くありました。

Life Time Value(ライフ・タイム・バリュー)

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室の山城です。

先日、生徒様と将来の進路のお話をさせて頂いた際、「世間にサブスクが浸透しているから、いつかそうした事業で起業をしたい」とお話下さった方がいらっしゃいました。

そこで私は「なら、頑張って数学も勉強をしておかなきゃね」とお伝えし、LTVのお話をさせて頂きました。

LTVは、Life Time Value(ライフ・タイム・バリュー)のことで、顧客生涯価値・生涯顧客価値と言われています。

数値の算出方法はいくつかありますが、例えば

平均客単価 × 収益率 × 購買回数 × 継続期間 = LTV

という式が、最もシンプルで一般的なものです。例を挙げると、

・平均客単価 2万円 × 粗利率 60% × 購買回数1回/月(=12回/年)× 継続期間 3年

だとしたら、

・2万円 × 0.6 × 12 × 3 = 43万2,000円

と算出できます。

また、新規で獲得したお客様の場合、新規顧客獲得コストと既存顧客維持コストが先程のLTVにかかるので、
・平均客単価 × 粗利率 × 購買回数 × 継続期間 -(新規顧客獲得コスト + 既存顧客維持コスト)

となります。もしもLTV数値が先程と同じで、

・新規顧客獲得コスト 20万円

・既存顧客維持コスト10万円

だとしたら、

43万2,000円 (LTV) […]

今やっている “この問題” が、出される

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

 

進光ゼミナール江曽島教室では先日、在籍して下さっている生徒様の近隣中学の中間テストが終了し、テストの解き直しにも取り組ませて頂いております。

 

特に、高校入試を控える中学3年生にとっては、今回の定期テスト範囲の問題も半年後の私立高校入試に直結しています。

 

「今、解き直しをしているこの問題が、高校入試にそのまま出題されるんだよ~」というお話をさせて頂きながら、高校入試の過去問に親しんで頂けるような指導をさせて頂いています。

 

 

当教室の 車・自転車 駐車場所は、『進光ゼミナール江曽島教室への行き方、車・自転車の駐車場所』をご覧下さいませ。

お越しの際は、進光ゼミナールのガレージ内と江曽島教室 前の敷地にお停め頂けます。

進光ゼミナールの建物の両隣は、別テナント様の敷地となっておりますので、駐車はご遠慮頂きますよう何卒、ご協力をお願いいたします。

ぽんぽん船をつくって蒸気機関の原理を学ぼう

進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

以前のブログ記事でご紹介させて頂いた、今週末 開催の小学生向け理科実験教室の情報解禁をさせて頂きます!

 

水

 

【イベント名】

理科実験教室 ~ぽんぽん船をつくって蒸気機関の原理を学ぼう~

 

【開催日時】

6/25(土) 14:00~15:00

 

【開催場所】

進光ゼミナール江曽島教室

 

【持ち物】

・洗った牛乳パック

・ハサミ

 

このブログ記事をご覧頂いた方でしたら、塾生様 以外のどなたでもご参加が頂けますので、ぜひ奮って以下メールアドレスまで、ご参加のご連絡をお待ちしておりますね!

お問合メールアドレス:yamashiro@sinkohseminar.com

 

 

当教室の 車・自転車 駐車場所は、『進光ゼミナール江曽島教室への行き方、車・自転車の駐車場所』をご覧下さいませ。

お越しの際は、進光ゼミナールのガレージ内と江曽島教室 前の敷地にお停め頂けます。

進光ゼミナールの建物の両隣は、別テナント様の敷地となっておりますので、駐車はご遠慮頂きますよう何卒、ご協力をお願いいたします。

40分間のマシンガントーク

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

先日、江曽島教室では、理科実験教室を開催いたしました。

 

image_50435329 image_50731777 IMG-3578 IMG-3580

※生徒様のお写真は、掲載許可をご本人様・保護者様のいずれにもとらせて頂き、ご承諾頂けた方のみ掲載させて頂いております。

 

保護者様からは「家に帰ってから『こんな理科実験をしたんだよ!』というお話を40分ほどブッ続けで話してくれたんですよ」とのお声も頂き、私としては少しでも生徒様の心に残るような、学びのあるイベントにさせて頂けていればいいな、と感じる次第です。

 

そして、予想以上のご反響を頂戴しましたこともあり…

急遽今月、実験内容を一新して、再び理科実験教室を開催することが決定いたしました!

●イベント名 ”理科実験教室 ~??????~ ”

●日時 6/25(土)14~15:00

●場所 進光ゼミナール江曽島教室

●お持ち物 洗った牛乳パック、ハサミ

●参加費 無料(塾生様 以外の方であっても、どなたでもご参加頂けます!)

 

一新された、気になる実験内容は、、、

教室に足をお運び頂ければ、詳細を公開しております!

ぜひ、教室まで遊びにいらして下さいね!

理科実験教室のご参加につきましては、以下メールアドレスへご参加の旨を一言 頂戴できれば、どなたでもご参加可能で御座います。

お問合メールアドレス:yamashiro@sinkoseminar.com

このブログでも後日、詳細な実験内容などを事前にお知らせする予定です!

とある江曽島教室の仕掛け

こんにちは、進光ゼミナール江曽島教室  室長の山城です。

 

江曽島教室の とある一室に、先日から、こんな貼り紙がされました。

 

トイレ英単語
…貼り出したのは、私なのですが(笑)
その部屋は、江曽島教室 開校時に、内装を全て新品にかえてもらった『トイレ』です。
私は学生時代、教育熱心な両親に手を引かれ、集団指導塾に2つ、個別指導塾に3つと様々なタイプの塾を転々とした経験があります。
ですので、私は常に、当時の自分の気持ちと江曽島教室の現状を照らし合わせながら「より生徒様にとって良い塾は、どんな塾かな?生徒様は今、どのような気持ちで学習してくれているのかな?」と『生徒様の目には、塾学習の環境が、どのように映っているか』を考え、教室運営にあたっています。
先日も、そんなことに思いを巡らせながら、塾生様向けに作った『学習効率の良いノートのとり方の実例』というポスターを貼り替えたり、教室内のレイアウトを考えていた時に、ふと思いついたのが、今回の写真の案でした。
私が学生時代、自分の通う塾のトイレを利用する際、もちろんスマホも手元にないので、トイレの中の壁に貼ってあった、塾内広報だよりのような読み物をまじまじと読んでいたな~という記憶がその時、蘇って来ました。
特に面白い内容が、そのお便りに書かれていたわけではないですが、ついつい目を落としてしまうトイレの中にある読み物。
今となっては、何が書かれていたかは、おぼろげにしか覚えていませんし、また当時の塾授業の内容を全て覚えているわけでもありませんが、それを読んでいたこと や その内容も一部だけは、20年以上が経った今でも記憶に残っています。
「『それらを生徒様が読む時間』と その集中力 を学力アップの為に、いかしてあげられないだろうか?」と考え「そこで読むものを英単語や計算公式だけに絞れば、それだけを覚えられる環境を作れるのではないか」という結論に至りました。
本来、教室運営をする上での信念として「なるべくシンプルに、広々とした空間で学習できる環境をご提供する」という考えを持っていた私は「トイレ内には、何も掲示しない。できるだけ学習に集中できる環境をご提供することが、学習塾の持つべき機能。トイレ内 掲示物は、生徒様の中に生まれる学習に対する雑念を増幅させてしまいかねない」という方針のもと、先日まで教室のトイレに、一切の掲示をおこなっておりませんでした。
それを「学習の機会を提供できる空間にしてしまおう!」と捉え直すきっかけが、この案でした。
しかし、気の早い私は、英単語100語を書いた巨大ポスターを作り、壁に貼ってみましたが「これを見せられたとしても『木を見て森を見ず』じゃないけど、100語の単語がぼやーっとした景色にしか見えず、多分、1語も覚えたいと思わないだろうな…」と思い、再考。
沢山の英単語 暗記の宿題を学校から出題され、「こんなに覚えるの~?」とうなだれていた生徒様と会話の中で、
山城先生「じゃあ、明日の塾の授業までに、1語だけ覚えて来なよ!1語だったら、覚えられそうな気がしない?」
Dくん「1語だけなら…」
山城先生「なら決まりね!明日、覚えてるか、塾でチェックするから!それで、もし覚えられてたら、次また1語だけ覚えるようにしようよ!」
というやりとりを生徒様とさせて頂いたことを思い出し、トイレには1枚のポスターに英単語をたった1語だけ、デカデカと書いて、貼り付けました。