About wakamatsuhara

This author has not yet filled in any details.
So far wakamatsuhara has created 300 blog entries.

小学生の読書が未来を変える!

こんにちは
若松原教室の阿部です

私立大学の入試もそろそろ終わり、県立高校一般入試まで、2週間を切りました。
大学入学共通テストや私立高校、県立高校の入試問題を見ると、問題文が長くなり情報量が多くなっています。
つまり入試には、情報処理能力が必要不可欠になっているのです。
情報処理能力を身につけるのは、僕は『読書』だと思っています。
僕は、小学生のころかなり本を読んでいた記憶があります。
それは、中学生まで続いたような気がします。
高校では、全く読まなくなりましたが…。
そのおかげでしょうか、表現力、特に文章を書く力は、今でも長けていると思っています。
読書し始めの頃は、嫌々でしたが、今となっては、そういう環境においてくれた家族に感謝です。

読書には様々な効果がありますが、特に、小学生からの読書による3つのメリットを紹介します。
◆集中力が養われる
小学生が本を読むと集中力が付き、大人になっても忍耐力が養われることが最大のメリットです。
本を読むことは文字を追い続けるため、漫画やテレビと比較するとかなりの集中力が求められます。
小学生はまだ落ち着きなく、一つのことをするのに集中力が続かないケースは多いです。
実際に、読書をしない小学生は集中力が欠けて、勉強が得意ではないという統計もあります。
一方で、読書をする小学生は集中力があり、学力が高い傾向にあることが分かっています。
小学生から多くの単語や漢字に触れることで、読解力が身に付き、語彙力も蓄積されるのもメリットです。
賢い小学生が読書をしているのではなく、読書をして賢くなるのです。

◆人の気持ちが理解できるようになる
読書は文字を読み進めながら、情景を想像したり、登場人物の心情を理解していきます。
写真や絵がない本を読むことは、自分の想像力を最大限に働かせるので、脳が活性化します。
また、読書が習慣化すると、感情移入が得意になります。
読書を通じて語彙力が高まり、人の話を聞けるようになり、人の気持ちを理解できるようになります。
実際に、子どもの頃に読書をした人は、大人になってからもコミュニケーション能力や社会性の高さが報告されています。
子どもが興味を持つ本をたくさん読ませる機会を与えてあげましょう。

◆言語能力が身につく
小学生から読書習慣がある子どもは、正しい言葉遣いができるようになり言語能力が身につきます。
また、読書をすると正確に物事を理解することができるので、大人になっても正しい判断ができるようになります。
実際に、本を読まずに想像力が低い小学生は相手の気持ちを理解できず、トラブルの原因になるケースも見られます。

いかがでしたでしょうか?
「本を読みなさい」と言われても、一人で読書をするのはつまらないものです。
ですから、家族で一緒に読書をする時間をつくったり、同じ本を読んで感想を共有する楽しみ方をお勧めします。
読書をさせられている、という気持ちにはさせないでください。
学校が春休みになり新学期を迎える間に、『読書』をしてください。
特に、進学先の決まった高校3年生には、個人的にですが『純文学』と呼ばれるジャンルをお勧めします。
感情豊かに人の気持ちを理解することができる未来にしましょう!!

春期講習生受付中です。
http://sinkohseminar.com/spring20/
まずは、お問い合わせください。

 

ここからが正念場!!

こんにちは
若松原教室の阿部です

県立高校の特色選抜が終わりました。
2/14(水)が内定者の発表です。
そして、一般選抜まで残りわずかとなりました。
今日も、中3生は「入試必勝パーフェクト講座」に集中して取り組んでいます。

先日の「1月下野新聞模擬テスト」の結果を見て、勢いをつけた生徒もいれば落ち込んでしまった生徒もいます。
模試の結果に一喜一憂するのではなく、ここから「何をすればいいのか」を再度考えましょう。
授業では、過去問演習に取組んでいます。
過去問を解いて、「何点取れた」も大切ですが、間違えた問題や何となく正解だった問題の見直しが必要です。
模試は模試、過去問は過去問。
試験本番はどんな問題が出されるか分かりません。
出題傾向が変わるかもしれません。
だからこそ、間違えた問題や何となく正解だった問題の見直しが必要なんです。

理科社会は、「理社マラソン」のプリントを見直して、語句だけでなく「問題文」も暗記するくらいにしておきましょう。
国語は、日々の漢字練習を忘れずに、大問3・4対策として、読解問題の演習に取組みましょう。
英語と数学は、個々の苦手分野にもよりますが、
英語は、毎日20分のリスニングと長文読解演習。
数学は、過去問の大問1演習と方程式の文章題・図形の証明の演習。

ここからまだまだ伸びます。
これまでの努力と自分の成長を信じて、ここからさらに頑張りましょう。
ここからが正念場です。

変化の兆し!!

こんにちは
若松原教室の阿部です

県立高校一般選抜まで残り40日を切りました。
そして、大学入学共通テストも終わり、私大受験が始まります。

通塾して1年が経とうとしている中2のFくん。
クラブ活動に時間が割かれて、なかなか勉強時間が確保できませんでした。
ですので、学校の成績はイマひとつです。
そんなF君が、ある日「先生、次の期末、俺、頑張るわ…」。
今までもそんなことを言ってきては、結局テスト勉強もせずに、玉砕していました。
でも今回は、今までとは、なんか違いました。
実は、ご家族にお願いして、冬期講習は少し頑張らせました。
1日3コマを2日続けて、1日休み、そしてまた2日続ける、という時間割で組みました。
最初は「ブーブー」言っていましたが、「3単現のs」が分かってきてから、「ブーブー」言わなくなりました。
F君にとって、英語は最大の敵で、アルファベットも怪しい時があります…。
そんなF君が、冬期講習で自信をつけたのでしょう。
自ら目標点まで言ってきました。
他の生徒から比べたら、そんな大きな目標ではありません。
でも、数値目標よりも、その目標を「自分で」決めたことに、僕は価値があると思いました。
学年末テストまで、あと1週間。
今回は、F君に期待大です!!

「努力をする」ということ

こんにちは
若松原教室の阿部です

私立高校の入試も一段落して、大学入学共通テストが始まります。
受験生は、これから受験本番を迎えるようになります。
一方で、受験生でない中学高校生は、約1か月後に『学年末テスト』が始まります。
まだ先のことと考えていると、また「気づいたら5日前…」なんてことになります。
今年こそは、計画的に行動できるよう「努力」しましょう。

以前、イチロー選手が「努力が必ず報われるとは限らない」と言っていました。
一方で、王選手は「努力はからず報われる」と言いました。
どちらが正しいのでしょうか…?

それは「努力」の捉え方ではないでしょうか?
僕はこう考えます。
「努力」は、自分の物差しで決めるものではないと。
受験勉強や就職などで自分でたてた目標を達成した、という結果や変化を出した時に努力したと評価されるのです。
努力は、自分で決めた目標を達成するために行うもの。
だから、努力しているかどうかを決めるのは、自分自身ではありません。

努力家と呼ばれる人は、例えば「トップの成績を取りたい」という目標があった場合、もしトップになれなくても、努力してトップに近づいていく過程を重視するという特徴があります。
トップになるかならないかではなく、なるための努力によって自分に力がつくことに気づけるかどうかが、努力できる人とできない人との違いです。

受験生にとって「志望校合格」。
これが最高の結果だと思います。
それでも、自分の希望通りの結果ではなかったとしても、なるための努力によって自分に力がついたことに気づくことができれば、後悔しないのではないでしょうか?
むしろ、何の努力もせず結果が出てしまった人の方が、その人の未来を考えると少し不安になります…。
以前、南海キャンディーズの山ちゃんのお母さんが、山ちゃんに送った言葉です。
努力して結果が出ると 自信になる
努力せず結果がでると 驕りになる
努力せず結果も出ないと 後悔が残る
努力して結果が出ないとしても 経験が残る
努力をしてその日を迎えたんだったら何も残らないことはないから行っといで
素晴らしい、の一言。

受験生はもちろんですが、受験生でないみんなも、困難と試練を楽しみながら「努力」できたらよいのではないでしょうか?
世の中には、困難なことはたくさんありますが、不可能なことは一つもありません!!

辰年!!

新年あけましておめでとうございます。
若松原教室の阿部です

1月1日に発生した石川県能登半島地震により、犠牲となられた方々におくやみを申上げるとともに、被災されたすべての方々に心よりお見舞い申上げます。
また、被災地域の皆様の安全の確保を心よりお祈りいたします。

本日から冬期講習再開です!!
いよいよ入試のシーズンが本格的に始まります。
皆さんは、どんなことを祈願したのでしょうか?

昨年は、国内外ともに明るい話題があまりありませんでした。
今年は、天に上る龍のように、勢いのある元気な年になるといいですね(^^)
神龍に会えるといいですね!

今年もよろしくお願いいたします。

年末年始、休塾のご案内

こんにちは
若松原教室の阿部です

12/30(土)~1/2(火)は休塾となります。
1/3(水)から通常授業が始まります。
受験生のみんなは、今年のお正月だけは「特別」な期間になります。
お正月は来年もやってきますが、今年のお正月は受験生にとって二度と来ないお正月です。
来春を笑顔で迎えられるよう、自覚して過ごしてください。

それでは、1/3(水)に会えるのを楽しみにしています。
良いお正月をお迎えください。

冬期講習は計画的に!!

こんにちは
若松原教室の阿部です

12/22(金)から冬期講習が始まりました。
小中学校は12/26(火)から、高校は12/23(土)から冬休みに入りました。
冬休みは短いので、充実した冬休みにするためには「計画をたてる」ことが大切です。
勉強だけではなく、遊びも計画を立てて遊びましょう!!
もうコロナのことはそれほど気にしなくても良い時代になりました(インフルエンザには要注意ですが…)。
その場その場で遊んだりするのではなく、この日は〇〇くんと何時からどこで何を遊ぶ、なんていうふうにしてみてはどうでしょうか。
もちろん勉強も一緒です。
受験生には、既にアドバイスをしているので、それを実行して、1/4(木)から始まる私立高校入試や1/13(土)14(日)の大学入学共通テストにのぞみましょう。
受験生でない生徒は、学校の冬休みの宿題を毎日少しずつ進めましょう。
冬休み最後の日に「まとめてやる自分」とは、この冬でサヨナラします。
特に、中2生と高2生のみんなは、「受験生になる」という気持ちをもって新年を迎えましょう。

冬期講習、わずかですが席に余裕があります。
この冬から勉強したい皆さんはお問い合わせください。
http://sinkohseminar.com/winter19/

 

魔法の言葉?

こんにちは
若松原教室の阿部です

インフルエンザが猛威を振るっています…。
いまコロナではなく、インフルエンザの感染に注意しましょう。

先日、中学2年生のH君の中間テストの成績表を見せいてもらいました。
5教科はそれほど変化はなかったのですが、英語が前回よりも44点上がったのです。
平均点は8点下がっていたので、ものすごく頑張った成果だと思います。
H君も嬉しそうに話してくれました。
その時僕は「何で頑張れたのかな?」と尋ねたところ、H君は「前回16点上がったときに、先生に、まだ頑張れると思うよ、と言われて頑張ってみた」と。
前回、ものすごく苦手な英語で16点上がったことは、H君にとってものすごくうれしかった出来事でした。
その時は、塾の対策授業や単語練習が功を奏しての結果だと思います。
そこで、強い口調ではなく、促す感じで「良かったね。でも、ここで満足しても良いけど、授業の様子を見てると、まだやれるんじゃない。もったいないからもうちょっと頑張ってみよう」と声がけした気がします。
「授業の様子を見てると」がポイントだったのかな、と思います。
ただ、理科と国語は、ノー勉でのぞんだらしいので、そこはちゃんと指導しましたが…。

僕たちの日ごろの何気ない「ことば」が、子どもの考え方や行動を変えると思います。
「できて当たり前」ではなく、「頑張ってるな」「やればできるよ」など、「今さら」ではなく、しっかり「ことば」で伝えてください。
「ことば」を大切に接してみてください。

ちなみに、中学受験をした中学生に「親からかけられてうれしかった」ことばのベスト10です。
1:大好きだよ
2:ありがとう
3:へぇ~? そうなんだ?(その話、もっと聞きたいな)
4:やったね!
5:すごいね!
6:頑張ったな! または 頑張ってるな!
7:ドンマイ!(次、行こう!)
8:オマエならやれる!
9:(結果は気にせず)楽しめ!
10:ナイストライ!(いい経験になったね!)
そんなに、凝った表現ではありません。
普段、普通に使っていることばです。
その普段普通に使っていることばを、意識して使うことが大切なのではないでしょうか?
やる気を引き出す「魔法のことば」は、普通の「ことば」に気持ちを込めて使うということですね!

「情報Ⅰ」とは?

こんにちは
若松原教室の阿部です

高校生の2学期期末テストが始まりました。
先日、自習に来ていた高校1年生のK君が「先生情報がやばい!覚えることがいっぱいありすぎてやばい…」と嘆いていました。
昨日「情報Ⅰ」のテストが終わって、自習に来たK君は「先生、情報って簡単だった」と別人のような表情でした。

現在の高校1年生は「情報Ⅰ」という新しい科目を勉強しなければいけません。
「情報」とは?
簡単に言うと、プログラミングの勉強です。
「情報社会における問題の発見と解決」のためのスキルを身につけることであり、その「ツール」として「情報デザイン」「プログラミング」「データ活用(統計的手法)」といった要素を活用できるようになることです。
そして、その基本的な考え方は、小学校、中学校での学習で身につけてきた知識やスキルの延長線上にあります。
実際にプログラミングをしたりすることはないのですが、知識を覚えることが大変です。

そして、この「情報」が、大学共通テストの必須科目になります。
再来年の大学共通テストから導入されるので、現在の高校2年生以降は、小学校で学習した内容をしっかり理解しておくことが必要になります。
これからはプログラミングなどの科学的理解は、文理問わず全ての高校生が学ぶ『常識』となるでしょう。
これからの社会は、この「情報」を学習・発展させることにより、自動運転であったり、ドローンによる配送ロボットによる歩行補佐など、人とインターネットがリアルで繋がっている世界が実現していくわけです。
他にも、地域、年齢、性別、言語等による格差を小さくしたり、情報を用いてモノやサービスを必要な人に必要なだけ届けることで、利便性の向上と同時に持続可能な社会の実現ができる可能性も秘めています。
デジタル技術を使いこなし、今後もビジネスを成長させるためには、当然 IT に詳しい人が会社に必要にななるので、「情報」が共通テストの必須科目になるわけです
ただし、仕事で使わなくても、身を守るすべになるのが情報」でもあります。
ここ最近では、インターネットにおける炎上騒ぎは珍しくありません(もう、うんざりですが…)。
他にも投稿した写真から身バレしてしまったり、フェイクニュースが飛び交ってたり、SNS を介した詐欺や犯罪もあります。
今後もインターネットと上手くつき合っていくためには、それぞれがそれぞれの知識と責任を持って活用していくことが重要になります。

『「知識」は身を助ける』ですね。

 

コロナの与えた影響は…

こんにちは
若松原教室の阿部です

現在若松原教室では、冬期保護者面談真っ最中です。
保護者の方と、生徒の家での様子や成績、進路などについて共有しています
そんな中特に気になった話題を…。

中学1年生のAさんは、ここ最近の給食の時間が少し憂鬱になっているそうです。
学校の給食が、以前のように対面で食べる形になりました。
そこで、友達が食べながら話している様子に違和感を感じたそうです。
子どもたちは、この3年間、他人と一緒に話しながら食べる、ということを制限されてきました。
友達が食べながら話す様子や自分が食べているところを見られることに抵抗を持ったそうです。
幸いにも、毎日学校には通っているので、それほど大事になっていませんが、僕自身全く考えられなかったことでした。
僕たち大人も知人との会食を制限されてきました。
今年に入ってから、何回か会食しましたが、僕にはその意識は全くありませんでした。
繊細な子どもたちの感覚だから、と言ってしまえばそれまでなのでしょうが、その一言で片づけられない何かが僕の中に生まれました。

コロナ禍での生活が、子どもたちに与えたことは、ことのほか大きなことだったのではないでしょうか?
それは、子どもたちだけではないと思いますが、これからの将来を担う子どもたちの「感覚」は大切にしたいと思いました。
些細なことを見過ごすことなく、子どもたちと接していく必要を感じました。
大人にとっては「なんだそんなこと」、と思わずに関心を持ちたいと思います。