About nishikawada

This author has not yet filled in any details.
So far nishikawada has created 338 blog entries.

準備して損なし

こんにちは☀️西川田教室の岸井です✨

 今週は週明けから台風に見回れ、その後も豪雨・雷雨が激しく、天候の安定しない日が続いていますね。昨日も「今日は晴れている!」と思ったら急な雷雨。中学生の生徒さんたちが、びしょ濡れになって帰ったと話してくれました。みなさんが風邪をひいたりしないよう願っています。

 さて、今週きました台風15号により千葉県では停電・断水が続いているそうですね。このことがメディアであまり報道されていないときに、「あまり報道されていませんが千葉は大変です。拡散お願いします。」といった言葉とともに、水道から途切れ途切れに水が出てくる動画をTik Tokにアップされた方がいました。その動画のコメント欄を見てみると討論がなされていました。

 発端は「毎回災害の度に事前にラーメンやお水を大量買いする沖縄に住んでいるものです。なにか対策できたのではないかと思います。」という、沖縄県在住の方のコメントのようでした。このコメントに対し「そのとおり!」という同意のコメントと「いちいち準備などしてられるか!」という反対のコメントとが上げられていました。

 反対意見の理由としては、「そんな災害が来るごとに備えていたらその時期だけ食費が多くかかってしまう」というもの。それに対し最初のコメントをされた方は「ラーメンは食べることができ、水も飲める。消耗品だから無駄になることはない。」との言い分でした。

 この討論を見て私は準備をする大切さと、準備をすることへの“勇気”に気づかされました。

 沖縄県は台風により関東とは比べられないような被害を毎年受けています。そのような地域の方なら、備えをするのも慣れっこなのかもしれませんが、普段あまり激しい災害に遭わない地域であれば、準備をしても大したことがなかったときに「意味がない」と感じることもあると思います。しかし私は「やっても意味がないことはない」と思います。

 「用意しても使わなかったら損」という考え方がありますが、使わなかったからといってその物の価値が下がるわけではありません。使う場合をプラスと考えると使わない場合はマイナスではなくゼロなのです。このゼロもマイナスのように否定的に考えてしまうことが多いですが、プラス=ラッキー、ゼロ=ラッキーではなかっただけであり、この「ラッキーでない」と「アンラッキー(不運)」は別物なのです。また、非常食について沖縄の方が言っていた通り、用意したものは他の機会に使うこともできます。災害用に買ったラーメンを災害じゃないときに食べてはいけないなんてことはないわけですから。

 このことから勉強も同じことが言えるなと思いました。中高生はテストのためにたくさん勉強をして備えます。しかしその勉強している範囲のうち、実際テストに出るのは何割かです。それでテストに出なかったからと言って勉強したことは無駄にはならないでしょう。次のテストで出るかもしれないですし、入試で出るかもしれません。また、中学校範囲の内容でもしっかり知っておくと、高校生・大人になったときに興味・関心が広がるのはもちろん、与えられた情報をより早く理解できます。

 今週末から入試対策の特別授業が始まります。莫大な量の時間を費やし学習に取り組みますが、それが無駄になることは絶対にありません。

「未来の私を救えるのは、今の私。」

電車の広告で見かけた言葉です。将来の自分を救うため、今できることを目一杯がんばりましょう。

勉強しといて損はなし。

こんにちは✨西川田の岸井です!

9月に入ってからどんよりした天気が続いているように思います。天気に影響されやる気も起きにくくなったり、眠くなりやすかったりしますが、学校が終わり一度家へ帰ってから自習をしに来てくれる生徒さんや、眠くならないようにビシッと姿勢を正して勉強に取り組んでいる生徒さんを見るとその頑張りに感心し励まされます。

 

最近わたしはYouTubeやTik Tokといった動画を見るアプリにハマっているのですが、先日フォーエイトのennちゃんがアップした動画の音源が印象的だったのでシェアしたいと思います。その音源はふたりの対話式になっているのですが

A「一、十、百、千、一万、十万、百万あったらなにしたい?」

B「うどんが食べたいです。」

A「夢がないですね。」

というものです。わたしは最後Aが言う「夢がないですね。」に違和感を持ちました。

たしかに、それだけの大金があるのに、したいことが1,000円もあればできるうどんを食べることだ、と考えると“夢がない”と言いたくなる気持ちも分かります。

ですが、それだけ多くのお金を持っていても他にしたいことがないのであれば、それだけのお金を使って思う存分うどんを食べてもいいのです。本人の使いたいようにお金を使って構わないのです。

このお話は勉強についても言えるなと私は思いました。東京大学を卒業しても、いわゆる「高収入」な職業に就く義務はなく、本人がしたいのであれば飲食店のスタッフ等の身近な職に就いてもいいのです。

 

小中学生では特に「たくさん勉強しても意味がない・使わない」と考える人が多いですが、たくさん勉強することで将来自分が選べる職種が増えるのです。また、数年経って現在持っている夢と違う夢を持ち始めることもあります。いざ新しい夢を持ったところで、そこに辿り着くまでの学力がなく夢を諦めざるを得なくなることもあります。

将来の自分が贅沢に職種を選べるよう、また、新しい職種、趣味を見つけるべく、勉強はしておいて損はないなとひょんなことから改めて考えさせられました。

受験対策、本格始動。

こんにちは🍀西川田教室の岸井です✨

今週に入り、学校が始まった生徒が多く、午前中から午後の早い時間は急に教室が寂しくなりました。1ヶ月以上あった夏休みから、また朝早く学校へ行く生活へ戻り、体調を崩しやすい時期かなと思います。少しずつペースをあげるイメージで、無理せず学校生活を楽しんでほしいです。

さて、進光ゼミナールでは、高校受験対策として、通常授業の他に、9月から土曜日に行われる入試対策特別授業「入試必勝パーフェクト講座」があります。そのプレ授業が先週土曜日行われました。

5教科のそれぞれで、それぞれ同じ分野が苦手なグループをつくり、それぞれのグループでその分野に特化した授業を行います。今回は翌日となる日曜日に行われた下野模擬テストの対策授業として開かれました。

そうして挑んだ下野模擬テスト。前回までの塾内テスト(学力テスト)では、休み時間みんなでおしゃべりしたり、スマホをいじったり、お菓子を食べたりと“受験生らしさ”を感じなかったのですが、今回は休み時間も次の教科の勉強をしている生徒さんが多く、意識が変わってきていることを感じました。

また下野模擬テスト後の学習ガイダンスで入試についての知識を得、受験生としての意識がますます増し、ひとりひとりの表情が変わっていました。2日連続で1日塾で勉強したのに、昨日は自習に来る中3生がとても多く、本格的に受験が始まったなと感じました。

県立入試まであと192日!これからのがんばりが卒業後を左右します!進ゼミで一緒にがんばろう!中3生!!

コツを知り、実践する。

こんばんは✨西川田教室の岸井です🍀

8日間のお盆休みを経て、気づけばもう8月下旬。夏休みも残り1週間を切りました。夏休みの宿題は計画的に終わらせられているでしょうか。

わたしはお盆休みの間に、高校時代の友人とディズニーランドへ行きました。お互い家も遠かったため、ふたりで出かけるのは今回が初めてでしたが、効率よくアトラクションを回ったり、ショーを見たりすることができ、久しぶりの再会に話も弾み、とても楽しいひとときとなりました。

ところで、ディズニーランドにある「ウェスタンランド・シューティングギャラリー」をご存じでしょうか。ビッグサンダー・マウンテンの隣にある射的場です。ビッグサンダー・マウンテンのファストパスを取ると、時々のこ射的場のお試し券が出てくるため、2回ほど行ってやってみたことはあったのですが、全くやり方がわからず、2回とも全10弾不発に終わりました。

やはり打てないと楽しくないので、もう行きたくないと思っていたその射的場ですが、友人はそこが大好きで、いつも全当てのゲストがもらえるバッチをゲットするのが楽しみだと言っていたので、着いていくことにしました。

行ってみると珍しく少し混んでいたため、並んで待っていたのですが、その間に友人から的を打つコツを教わり、ちょっとやってみようという気持ちになりました。そしていざ、この教えてもらったコツを実践しやってみると、今まで1発も当たらなかったのに10発中6発も当たったのです!!とっても楽しくなり、もう一度やってみると9発命中!私まで「全当てバッチが欲しい!」という気持ちになり、一度休憩してからまたシューティングギャラリーへ向かい、3回目やっと全当てできました!!

19-08-22-23-44-16-075_deco

私は、あまり人の言うことをすんなり聞いたりするタイプではなく、自分でたくさん失敗してそこから学びたいと思っている者です。ですが今回のことで、できる人からコツを聞いて実践するのもアリだななんて思いました(笑)

期末に向けて!

こんにちは✨西川田の岸井です🍀

お盆休みも終わり、夏休みも後半戦に入りました。きょうもたくさんの生徒たちが暑い中。教室へ来てくれています!

来週ある期末テストに向けて勉強を始めている中学生もいます!まだまだこれからの頑張りでテストの結果が左右されます!

一緒に頑張りましょう!

目標へのアプローチ

こんにちは、西川田教室の岸井です。

8月も1週間が経過し、来週はお盆ですね。進光ゼミナールは
8月11日(日)~8月18日(日)の8日間 休塾となります。
また、通常授業期間は月曜日から金曜日まで塾が開いておりますが
夏期講習の期間(夏期フォローターム(8月22日(月)の週)は除く)は、
木曜日と日曜日がお休みになっておりますので、
お問合せや授業の振替の際はご注意ください。

ということで、昨日はお休みだったのですが、私は東京ディズニーシーへ行ってきました。
従業員=キャストさんの約9割が正社員ではないということが信じられないほどの、キャストの方一人ひとりの気配り、視野の広さ、サービス精神、また、個性溢れるディズニーキャラクターの考え方、セリフに刺激をもらうため、よくディズニーリゾートへ行きます。今回もたくさんの発見・感動をもらえる、最高の一日にさせていただきました。

ここ数年の間毎年シーでやっているイベント「パイレーツ・サマー」。最近ランドへ行くほうが多かった私は初参戦だったのですが、エントランスからの装飾、また、メディテレーニアンハーバー周りの陽気な雰囲気から、あっという間に海賊たちの世界へ入っていけました。そんな「パイレーツ・サマー」で私がもっとも楽しみにしていたもののひとつが、メディテレーニアンハーバーで行なわれる大量散水ショー「ゲット・ウェット!」です。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」でもおなじみのジャック・スパロウがバルボッサに盗まれたジャックの愛船ブラックパール号を取り返すというストーリーになっているショーです。このショーの中で、バルボッサとジャックのこんな会話があります。

ジャック  「俺のコンパス覚えているだろう?」
バルボッサ 「そのコンパスは北を指さない。」
ジャック  「そう、これは俺が望むものへと導く。」

ふつう船乗り、海賊のもつコンパス(=方位磁針、羅針盤)は、赤い針が北を指し「自分のいる位置を知るための道具」ですが、ジャックのコンパスは、「自分が望むものの場所を教えてくれる道具」であるのです。

この話から自分の目標が明確にあるのであれば、自分の位置を慎重に調べていき目標達成を目指す方法だけではなく、自分の目標から目を離さず、その目標に向かってできることをしていく方法もあるのだなと気づかされました。目標の違いや、人により、アプローチの仕方はさまざまです。いつも教室でがんばっている生徒一人ひとりに対しても本人とよく相談し、決めて行きたいと思いました。

花火大会のヒーローたち~縁の下の力持ち~

こんにちは、西川田教室の岸井です。

8月に入りました。日中の暑さにはバテてしまいますが、この時期は花火大会やお祭りなど、夕涼みのイベントが多く盛り上がりますね。今日は宮祭りがあり、いつもは朝から賑やかな教室も比較的ひっそりとしています。

私は先日、小山の花火大会へ行ってきました。小山駅まで電車で行ったのですが駅に着くと、宇都宮線、水戸線、常磐線で来たたくさんの人がおり、通常5分もしないで駅を出られるのが20分ほどかかりました。

そんなたくさんの人が一ヶ所に集まると、事故や怪我などトラブルも起きかねません。駅構内ではたくさんの駅員さんが、駅を出ると警備員さんや警察の方々が、また救急救命士の方々がさまざまな所で何かあったときのため、待機されていました。実際に怪我をしてか、体調不良でかは分かりませんが、担架で運ばれている方も数人いらっしゃり、そのような方を運ぶときにも、先頭に立って道を空けるように声をかける人、担架を持つ人、そして運ばれている方のため、ブルーシートで隠す人と役割を分担し、近くに停めてある救急車まで運んでいらっしゃいました。

花火大会へ行く目的は、きれいな花火を見ることです。りんご飴やチョコバナナなどの出店も楽しみのひとつ、という方もいるでしょう。だからといって、その目的のためにひとりひとりが行動すると、危険な場所に入ってしまったり、食べ終わった串などがポイ捨てされそのままになったりして、思いっきり楽しむことができなくなってしまうかもしれません。また、みんなが見上げている花火も、打ち上げ場では花火師さんたちが汗水たらしながら、またタイミングを揃えたりしながら打ち上げているのです。花火を楽しむためではなく、花火を見に来る人たちの安全のため、楽しい思い出のため、協力し合いながら活動されている方がたくさんいる。そんなことを思う花火大会でした。

進光ゼミナールは担任制ではないため、授業の度に異なる講師の授業を受けることがあります。そのためひとりの生徒さんの状況も講師たちの間で共有し、その生徒さんのためどんな指導をし、またどんなテキストを使うのがいいか等を考えていきます。

花火大会でそんな縁の下の力持ちたちを見て、わたしたちもより一層協力し合い、生徒さんひとりひとりの成績のため、より良い学校生活のため、尽力したいと改めて思いました。

夏休みもあと3週間ほど!!悔いのないお休みになるよう一緒にがんばっていきましょう!

19-08-03-18-02-29-103_deco

It’s a Small World

こんにちは☀️西川田教室の岸井です🌻

すっかり夏らしくなってきましたね💦塾も今週から夏期講習が始まりたくさんの生徒たちが汗をかきながらも教室に来て、明るいうちから勉強していきます。

通常授業期間は小学生の生徒さんたちが来る時間帯と中高生の生徒さんたちが来る時間帯にズレがあるのですが、夏期講習期間は小学生から高校生まで、幅広い学年の生徒さんたちが同じ時間に勉強していてなんだか不思議な気持ちになります。

 

日頃からいろんな生徒さんとお話しさせていただきますが、よくこんなことを聞きます。

「小学生の頃は中学生ってめっちゃおとなに見えたけど、自分がなってみると結構子どもだった(笑)」

「ずっと高校生って大人だなぁって思ってたけど、自分が高校生になったら意外にまわりも自分もまだガキだ(笑)」

小さい頃に見ていた先輩たちはとってもしっかりしていて、大人びて見えたけど、自分がなってみると全く大したことないことに気づく、ということです。

これは誰しもあるのではないかなと思います。私も小学1年のとき、小学校を卒業したら大人になると思っていました。また幼稚園のときは、自分が足が遅いことにひどく劣等感を感じ、「早く走れない」=「この先人生真っ暗」と勘違いし、毎日「これは夢だ。悪夢だ。いつか起きるんだ。それまでの辛抱だ。」と自己暗示をかけていました。

これらは今となっては笑い話になりますが、当時の私にとっては重大な問題であり、「しょうがないもの」と無意識に考え、それを受け入れ生活していたのです。実はこのような妥協、自分で作り上げた世界観は身の回りに多いのではないかなとふと思いました。

「世の中には悪い人がいっぱいいる」と普段から思っているととっても用心深くなりますし、「自分は恵まれている」と思っていると環境に感謝するようになります。

「受験生になれば本気になる」「夏休み明ければ頑張れる」そんなことを根拠なく思っていても、受験生になったから急にやる気が出てくる訳でもなければ、涼しくなったから頑張れる訳でもありません。今がんばっている誰も「よし。やるぞ。」とどこかで自分の気持ちにけじめをつけて取り組んでいるのです。

塾に通ってくれている中3の生徒さんが、中2最後の定期テストが終わった日に「今日から受験生だ。」と言っていました。そんな宣言あまり聞くことはないですが、そのように言葉に出してみたり、行動してみたりして自分にけじめをつけると、やる気も出てくるものです。そんな彼は夏期講習が始まり毎日朝から塾に来て勉強しています。

 

「そのうち本気だす。」そう自分に言い聞かせてちょっとの焦りから目を背けている方、ぜひこの夏期講習からしっかり勉強を始めていきましょう!お得なキャンペーンもまだやっております。その名も「まだ間に合う!夏得」ぜひご利用ください✨

自分を守る言い訳の殻を破り、もっと広い世界に出てみましょう!きっと頑張れる自分に驚くはずです!進光ゼミナールは勉強を頑張りたいすべての生徒さんを応援しています!

頑張る人には応援団がいる

こんにちは、西川田教室の岸井です🍀

 先日、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が亡くなられましたね。緊急搬送され入院していることは知っていましたが、とても驚きました。

ジャニーズのタレントが勢揃いした家族葬の写真がSNS上に上がったり、明日のMステは「ジャニーさんスペシャル」という特別版になるなど歌番組の内容が変わったりと、ひとりの偉人の訃報でメディアにも影響が出ていることがわかります。

先日放送された「音楽の日」では、キンプリこと、King & Princeの平野紫耀くんが、デビュー曲「シンデレラガール」の歌詞を一部変え、ジャニーさんへの思いを歌ったことも話題になっていますね。

そんなキンプリには今活動を休止しているメンバーがいます。担当カラー:ピンクの岩橋玄樹くんです。

私は以前、キンプリが結成される前、ジャニーズJr.を追ったドキュメンタリー番組に玄樹くんが出ていたのを見たことがあります。毎年夏に開催されるコンサート SUMMARYでの密着企画で、玄樹くんはバックダンサー等をしていたのですが、自分の番がない時間には早々と控室に戻り、一生懸命勉強をしていました。

他のJr.たちが来て、ちょっかいを出したり、「もう僕は宿題終わったよー!」なんて話しかけたりするのですが、「僕も宿題は終わってる。けど、進学したいから勉強してるんだ。」と伝え、また勉強を始めます。彼は学校に通えなかった時期があり、その分ハンデがあるから人よりも頑張らないといけない、と話していました。

本番直前に振りが変わったり、様々なコンサートに行ったりと、夏の間は特に多忙を極めるジャニーズJr.たち。その合間を塗って勉強に取り組む彼の姿は、本当に尊敬しました。

彼は今Jr.の頃から症状があった「パニック障害」の治療に専念するため、昨年から活動を休止しています。同じ症状でSexy Zoneの松嶋聡くんや、TWICEのミナちゃん等、アイドルたちが立て続けに活動をお休みしていますが、がんばり屋さんの彼らには、この機会を十分に使ってしっかり休んでほしいです。

教室に飾っていた七夕の笹にも、ある生徒が

「玄樹くんが元気になって早く戻ってきますように」

と書いていました。「この期間にゆっくり休んでほしい。けど、玄樹くんに会いたいから、また活動を再開するまではコンサートにはいかないの。復帰するのを楽しみに待ってる。」と話してくれました。

がんばっている人のことは、必ず見ている誰かがいる。そしてその人は、何かあっても責めることなく、見守り、待っていてくれる。

そんなことを改めて思いました。

サイレントマジョリティー

こんにちは!西川田教室の岸井です🍀

パッとしない天気が続き、なかなか気持ちも上がりにくい時期ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたしは昨日から通勤中に欅坂46のアルバムを聴いています。欅坂46といえば、明るく元気な“アイドルらしさ”より、笑顔もなくクールなパフォーマンス・世間に訴えかけるような歌詞が印象的だと思います。そんな彼女たちのデビューシングルが「サイレントマジョリティー」。この曲は「黙っているのは周りと同意見だという意味になる。自分の意見はしっかり表現しよう。」といったメッセージを伝えています。

なにか選ぶとき多数決で決めることがあります。「多数決で決める」というのは、「それを選ぶ人数が多いものにする」というだけで、「正解を決める」ものではありません。なので時には、みんながやっているようにやると、間違った行動をしてしまい、望んだ結果が得られないこともあります。なので、望んだ結果を得たいなら、みんながやっていることではなく、結果の出る正しいことをしなければいけません。

お問い合わせをくださる方によく「勉強しているのに結果がでない💦」そんなお話を伺います。そんなお悩みをお持ちの方は是非進光ゼミナールへお越しください!生徒さんに合った「正解」を提案させていただき、圧倒的演習量と情熱講師が全力でサポートします✨

ただいま15日(月)までにお手続きをされると、7、8月分授業料無料や夏期講習の入門コース無料など、お得な特典が揃っています。

夏休み直前!塾探しでお悩みの方はぜひ進光ゼミナールへお越しください☀️