About esojima

This author has not yet filled in any details.
So far esojima has created 121 blog entries.

県立高校入試一週間前

こんにちは、江曽島教室の佐藤です。

県立高校入試まで、あと1週間になりました。

ここからは、最終調整になります。

新しいことを始まるより、今まで取り組んだ、教材や問題集に、取りこぼしがないかチェックしていきましょう。

また、ミスの傾向もチェックして、本番でのケアレスミスを減らせるようにしていきましょう。

そして、受験当日に全力が出せるように、体調管理にも気を付けてください。

不安なのは、みんな同じです。

あなたの周りの人たちも、きっと応援してくれています。

これまで頑張った自分に自信をもって、受験に挑みましょう。

 

期末テスト対策

こんにちは、

江曽島教室の佐藤です。

期末テスト対策授業を行っています。

最近、考えさせる問題が出題されることが多くなってきたいますが、知識の量が得点に、繋がります。

2月3日(土)は、理社暗記会があります。

この機会に、暗記すべきことは、確実に覚えて、得点力を付けましょう。

 

国語の得点アップ

こんにちは、下栗教室の佐藤です。

県立高校入試まで、あと60日を切りました。

受験勉強は、順調に進めていますか。

国語は、なかなか対策が出来ていないと思います。

国語の読解力は、簡単につくものではありません。時間をかけても、なかなか得点に結びつきません。しかし、読書のスピードを上げることは、効果を上げることが出来ます。

先日試験が行われた、ある私立高校の国語の問題では、大問5、大問6が、説明文と小説の読解問題でした。大問5では、約3600文字 大問6では、約5000文字の文章が出題されました。かなりの量の文章です。この長い文章を読んでから問題に答えるのです。もし、1分間に読める文字数が500文字だとすると、5000文字を読むのに10分間かかってしまします。しかし、1分間に2000文字を読めるとしたら、2分30秒になります。大問を一問解くのにこの違いはかなりの差になります。本文を読むだけで10分もかかってしまたら、問題を考えている時間が無くなります。国語の得点を上げるために、読解力を付ける必要性は高いのですが、読書スピードを上げるだけも効果的であることが分かると思います。読書スピードは、何となく文章を読んでいるだけでは上がりません。読書スピードを上げて読むことを意識してみましょう。少しのコツをつかめば、分間に2000文字は読めるようになると思います。国語だけでなく、他の教科の得点力にもつながってきます。

私立高校入試まであと一ヶ月

こんにちは、江曽島教室の佐藤です。

1月4日 宇都宮短期大学付属高校の入試を始まりに、本格的な受験シーズンにに入ります。

インフルエンザの感染者も、徐々に増えているようですが、体調管理に気を付けて、やり残しの無いようにしていきましょう。

進光ゼミナールでは、12月22日から冬期講習が始まります。

受験生は、入試前の大切な時間になります。私立高校の過去問演習や、県立高校入試に向けて、これまでの知識をまとめ上げ、入試問題に対応できる力を育成しましょう。

他学年の中学生も、学年末テストに向けて、大切な時期になります。現学年と全学年の復習をして、学習内容を確実なものにしてしまいましょう。

11月下野模試

こんにちは、江曽島教室の佐藤です。

明日、中3生は、第199回下野模試を行います。今年度の下野模試の、明日を入れてあと3回です。

1回1回のテストを大切にしていきましょう。

テストでは、得点も重要ですが、間違えた問題の解き直しは、さらに重要になります。せっかく自分の弱点が分かったわけですから、試験が終わったら、すぐにでも対策していきましょう。下野結果が手元に届くまで待っていては、待っている時間が無駄になってしまいますし、試験の時のことを忘れてしまい、効果的ではありません。その日のうちに自己採点して対策を始めることをお勧めします。

 

また、中学校の2学期中間テストまで、あと2週間になりました。しっかりと準備していきましょう。

数学は、1年生「比例・反比例」・2年生「1次関数」・3年生「2次関数」と全学年、関数が試験範囲に入ってきます。。

高校入試に必出単元になります。計画的に取り組んで自分のものにしてしまいましょう。

1学期が終わりました。

こんにちは、江曽島教室の佐藤です。

江曽島教室に赴任してから、3週間もたっているのですね。

慣れない教室で、バタバタしているうちに1日が過ぎてしまい、とても早く感じてしまいます。

学校では、1学期が終わり通知表を渡されたと思います。

結果はいかがでしたか、満足のいける結果だと良いのですが…

塾生の方は、見せに来てください。

ところで、進光ゼミナールでは、8日から11日まで秋休みになります。

通常授業は12日(木)になります。

休み明けには、秋休みの宿題と通知表を必ず持って来てください。

9月18日から教室長になった佐藤です。

こんにちは、9月18日より新教室長になった佐藤です。

宜しくお願いします。

前任の山城に代わり、責任を持って、生徒たちの指導をしっかりして参ります。

 

進光の秋休みも終わり、23日(土)から入試必勝パーフェクト講座も始まります。

受験生は、志望校をしっかり見据え、しっかり準備していきましょう。

 

 

9月休塾のお知らせ

以下日程は、9月秋季休塾となります。

 

●9月秋季休塾

9/14~17

信頼だけは、お金で買うことができない

こんにちは。

進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

私は今まで必死に、生徒の方々、保護者の方々を裏切らぬよう、教室運営に励んで参りました。

生徒の方々と休み時間中にお話をする時も「お金で買えないものはある?ない?」なんて話題が出ることもあります。

そうした質問を生徒の方々にしてもらう時も「信用だけは、お金で買えないと思うよ」と伝えるようにしています。

また、信用はお金で買う事もできない上に、一度失ったら、取り戻すまでに気の遠くなるような時間を要したり、取り戻すこと自体が不可能になることすらあります。

「私はこれからも、その想いだけは念頭に置いた上で、生徒の方々、保護者の方々にとって一番喜んで頂ける教室運営をする」という軸だけはぶらすことなく、出来る限りの努力を惜しまないつもりでおります。

あなたは、何を天秤にかけて生きるか

こんにちは。

進光ゼミナール江曽島教室 室長の山城です。

 

image_64834414

室長として教室運営をしていると、生徒の皆さんから相談を受けることも少なくありません。

先日も、お盆休み明けに、中学生・Aくんからこんな相談をされました。

 

Aくん「先生~聞いて~。僕に『何故この人は、こういう言動を取るんだろう』って感じさせて来る人が、学校にいるんだよね。だから、別の中学に転校したい」

 

山城室長「そっかそっか~。そういう時って、何もかも 嫌になっちゃうような気分になって、 本当に辛いよね」

Aくん「まじでそれ」

山城室長「先生もさ。小学校に入学したばかりの時、何故かいつも意地悪なことを言ってくるクラスメイトの子がいたんだよね。Aくんも小学1,2年生の頃さ、そういうクラスメイトって、いた?」

Aくん「うーん、そうだなー…。…あー!けど、いたわ!いたいた!」

山城室長「今、そのクラスメイトの子のこと、A君はどう思ってる?」

Aくん「そうだな~。さっき思い出したくらい、忘れちゃってたような存在だからな~。その子とは、別々の中学校に通うことになったし、当時は 友達関係が狭かったこともあって 気にしちゃってたけど、今は何とも思わないかも(笑)」

山城室長「うんうん(笑) 今になったら、そうやって感じることもあるよね(笑) 逆にさ、小学生の頃から中学生になるまでの間に、感覚が合う、仲のいい友達と新たに出会う機会は、あった?」

Aくん「うん!めっちゃあったよ!今でも、週8で遊ぶ親友いるもん!」

山城室長「1週間は、7日間な」

Aくん「あ」

山城室長「でもさ、小学生の時、苦手なクラスメイトがいるからっていう理由で、もしも転校していたら、その親友に出会えなかったことになるじゃんか」

Aくん「確かに…」

山城室長「ただ、人間関係での辛さって、本当に状況とか人によってそれぞれだから、先生はどっちの選択であっても、その子の為になる選択なら、何でも良いと思うんだよね。先生は、いつも何か行動を選択をする時、

①『今、自分はどうしたいか』

②『今後、自分にとってプラスになるか』

を基準に、その行動を『とるべきか』、『とるべきでないか』、天秤にかけて判断するようにしてる。もしも、Aくんが小学生の頃に転校すれば、その時の人間関係のしがらみからは、一時的に抜け出せたかも知れない。でも、そうすれば、今、週8で遊んでいる親友とは出会えなくなる」

Aくん「先生、1週間は7日間です…」

山城室長「ごめん」

Aくん「…けど、もしそうなら、僕は今の学校に残ることを選択したい」

山城室長「それは『②今後、自分にとってプラスになるか』を考えた時、プラスになる方が①より強かったから、そちらを選ぶことになったんだろうね。もちろん、Aくんとは状況が違って『例え、そうしたプラス要素が将来あったとしても、今の辛さに耐えられない』という場合であれば『①今、自分はどうしたいか』を優先することが絶対的な正解になるし、それは決して間違った判断じゃない」

Aくん「なるほど」

山城室長「また、そうした悩みを抱えてる人は『①:②=50%:50%』で、判断が下せない人も多いと思うんだよ。もしそこで行き詰まっちゃった時は『①:②=40%:60%』にして、将来の為になりそうな方を選ぶように、先生はしてる。将来、メリットとして訪れることって、今現在では恩恵を感じづらい。だから『今、楽な①を選んじゃおう!』となりがちで、将来『やっぱり②を選んでおけばよかった…』としがちだから」

Aくん「うんうん」

山城室長「途中で『やっぱり、今の自分の為にも、将来の自分の為にも、絶対に②より①を選んだ方が良い!』と考えが変われば、そこから①→②に、行動へ修正をかけやすいんだよね。逆に、②→①は修正しずらい。50%:50%で、延々と悩んでしまう状況に陥らないよう、日頃から『これは、今の自分が求めていること。こっちは、今は大変だけど、よくよく考えれば将来の為になること』というように、具体的に①と②を箇条書きで自分の中にリストアップしておくといい。そうすれば、50%:50%の判断に迷う時間が短くなる。また、それでも50%:50%に迷う場合、『どうしようもなくなったら、①:②=40%:60%』の考え方に沿って先生が行動選択をするのは、そうした理由から来てるんだよ」

Aくん「そっか…。今の僕は、自分にとって、どちらが大切な選択なのか、判断できる材料が集まっていなかったり、整理できていない状態なのかも知れないって、先生の話を聞いてて感じたわ」

山城室長「もしかしたら、そうなのかも知れないよね。そういう時は、ゆっくり考えればいいんだよ。もし考えるのが大変だったら、先生と一緒に考えようよ。授業のない日でも、塾に遊びに来てくれれば、どんな相談でも聞くし」

Aくん「うん、わかった」

山城室長「それと、Aくんは小学生の頃に苦手なクラスメイトに出会って、それが中学生になった今は解決したとは思うんだ。でも中学生になった今も、また別の苦手なクラスメイトに出会ったことで、Aくんは悩んでるんだよね?」

Aくん「うん」

山城室長「こういう風に、あまり相性の合わない人っていうのは、人間関係のフレームを変えたとしても、次に作る人間関係(に所属する人数)に比例して、出会う確率は高くなっていき、ほとんどの場合、どうしても顔を合わせなきゃいけなくなるって言われてるんだよ。『自分は嫌われてるかも…』って感じたとしても、ほとんどの場合『2(自分を好いてくれている人):1(自分を嫌う人)』:7(自分のことを好きでも嫌いでもない人)』の割合に振り分けられるんだってさ」

Aくん「へー!」

山城室長「だから、今の人間関係から逃げる為に、学校を変えたとしても、次の学校で『接する人たち全員が、良い人』っていうことは、ほぼ確実にないんだよ。また同じような人が、全体の10%くらいはいるもの。もちろん健康や生活に支障が出始めるくらい辛い状況だったり、周りのほとんどの人が明らかに自分を攻撃して来ている場合は、迷わず逃げたり、今すぐに助けを求めるべきではあるんだよ。ただ、クラスメイト全員の名前をノートに書いて、一人ずつ『この人は、自分のことをこうやって攻撃して来た。次に、この人は…』と列挙していくと、案外「自分を攻撃してきている人は一部で、この人には好かれてはいないけれど、嫌われてもいないしな」という人が多数派だったりすることも、少なくないんだよね」

Aくん「なるほど」

山城室長「逆に、その部分を自分の中で整理しきれていない人は、周りの人 や 自分を取り巻く人間関係を、減点方式で見ていることもあるんだよね」

Aくん「減点方式って?」

山城室長「『あの人は、自分に こんなことを言ってきたらしいから、嫌い。Aくんは、自分にこういうことをしてくれなかった。自分はこんなにしてあげたのに』と自分の気に入らない部分の個数に比例して、周りの人の評価を下げてランク付けしていくような考え方かな。もし自分がそうされていたとしたら、あまり良い気持ちはしないじゃない?」

Aくん「うん…嫌かも…」

山城室長「先生は、いくら自分が周りに施してあげたことがあったとしても『逆に自分が、偉そうに人を評価してしまうような人間になっていないかな』と、常に気を付けながら、人と接する時の言葉選びに気を遣っているんだよね」

Aくん「確かに、大事だよね。感情的になってしまった時なんかは、そこを忘れてしまいそう」

山城室長「逆にへりくだり過ぎて『自分なんか…』と、過度に自分を傷付けてしまうことも良くないから、それこそ『これをされるのは、自分は絶対に嫌だ。この部分は自分を守ってあげたい』というラインを日頃から確認しておいて、もし嫌なことをされてしまった時は、相手の性格に合わせて、言葉を選びながら『これをされると、僕は嫌な気持ちになるからやめてほしい』と伝えることが大事だよね。もしそれを聞き入れてくれずに、嫌なことを続けてくる人は、Aくんの味方ではないと思うから、ちゃんと意思表示をしたり、環境を変えてみてもいいんじゃないかなって、先生は思うよ」

Aくん「うんうん」

山城室長「人ってさ。最終的には『幸せな人生を生きる』っていうことが、誰しもの生きる目的だと、先生は思うんだ。それを実現する為に、勉強をすることで世の中の色んな興味深いことを感じられる人格を自分の中に作ったり、学歴で成果を上げることによって、沢山のお給料をもらえる仕事に就くことができれば、大人になってからそのお金を遣って色々な経験ができるわけじゃん?」

Aくん「そうだよね」

山城室長「もしくは、先生はこっちの考え方なんだけど『お金はほどほどで良いから、自分がワクワクするような人たちと一緒に、面白い仕事を沢山したり、旅行なんかで楽しい経験を分かち合う回数を増やしたい』って思ってるんだよね。それもそれで良いと思うんけど、友達と旅行にいくには、お金も必要じゃない?笑」

Aくん「確かに…笑」

山城室長「だったら『今自分がしたいことだけするんじゃなくて、旅行のお金を稼ぐ為に、今は頑張った方が、今後 自分にとってプラスになるな』と考えたりしながら、

①『今、自分はどうしたいか』

②『今後、自分にとってプラスになるか』

を常に考えて、人生で大変なことと成し遂げたいことを天秤にかけながら、悔いのない人生にしようと思って生きてるよ!」

 

 

こうした学校生活や学習単元とは直接、関係のないお話をさせてもらえることも、教室運営をする中で、生徒の皆さんも私自身も学びになっていく機会だなと感じる部分です。

 

キャンペーン期間内にご入塾を頂くと、授業料を無料にさせて頂ける特典も御座います。

ぜひお気軽に、教室までお問合下さいませ!
教室の駐車場は、以下をご参照ください。

進光ゼミナール江曽島教室への行き方 / 駐車場、駐輪場のご案内

教室の両隣のテナント様 前は、各テナント様の駐車スペースですので、お停め頂きませんようお願いいたします。